ドール撮影におけるトランスルーアンブレラとディフューザーの効果

前回の記事でクラムシェルを撮影中にふと、「そういえばストロボにディフューザーとアンブレラを重ねたら効果が上がるのかな?」と思いついたのでテストしたいと思います。

まあ、写真撮影では一般常識なのかもしれないけ、自分でやってみることに意味があるはず!

タイトルにドール撮影と書いてありますが、いろんな種類の撮影に応用できるはずです。

注意事項

普段やらないので、「何も付けずに直射」の撮影はしていません(やればよかったかも)。

撮影時には光量に差がありますが、背景がなんとなく同じくらいの明るさになるように修正現像してます。

ライティング設置時にぶつかったりしたのか、それぞれの写真のアングルが少しだけずれちゃっています。

画像は拡大可能。わかりにくい場合は保存して比較してみてください。

スポンサーリンク

 

ディフューザーのみ

ディフューザーってのは、白くて半透明な布などをライトやストロボの前に設置して、光を拡散し和らげるものです。

ここで言うディフューザーは、クリップオンストロボに取り付ける小さめなものを指します。

手軽に光を拡散できるのがウリですね。安いし、コンパクトなので手持ちで撮影したりもできます。

僕はハクバの「2WAY L DSD-CL2L」を使っています。

で、ストロボにディフューザーを取り付けて撮影してみます。

ディフューザーを付けたストロボ1灯で撮影した写真
斜め上からディフューザーを付けたストロボ1灯で撮影

多少はボケていますが、背景に堕ちている影は結構クッキリ目に出ています。

わかりにくですが、「顔に落ちた髪の影」や「左腕(向かって右)腕の服に落ちた胸の影」、「向かって右の髪に落ちた顔の影」も目立っています。

トランスルーアンブレラのみ

トランスルー(透過)アンブレラは、白くて半透明な傘をストロボの前に設置することで光を和らげるものです。まあ、単純にディフューザーの大きい版と考えても良いと思います。

大きいので、ディフューザーより光を拡散できるのがメリットです。逆にデメリットは、設置にスタンドがほぼ必須で、場所を取るところ。あと、ディフューザーよりは高いところです。

僕はこの、よくわからない所が販売してるアンブレラセットに付いてたやつを使っています。すでに販売終了してるから高くなってるけどね。

んで、撮影

トランスルーアンブレラを付けたストロボ1灯で撮影した写真
トランスルーアンブレラを付けたストロボ1灯で撮影

パッと目で後ろの影が柔らかくなってるのがわかりますね。

顔や服、髪に落ちた影もボケているのがわかります。

アンブレラ&ディフューザー

さて、冒頭に書いたアンブレラとディフューザーのあわせ技です。

最初は「普通に考えたらもっと拡散するだろう」と考えたのですが、「発光面はアンブレラのサイズだからアンブレラと変わらないのかも?」という考えも頭によぎりました。

まあ、うだうだ言ってないで撮影してみましょう。

ディフューザーを付けたストロボの前にトランスルーアンブレラを設置して撮影した写真
ディフューザーを付けたストロボの前にトランスルーアンブレラを設置して1灯で撮影

うん、拡散してますね!

背景の影は、アンブレラのみだと「2段ボケ」みたいな感じだけど、これはグラデーションと言ってもいいほどぼやけてます。

ドール本体も少しだけですが柔らかくなっています。服の部分がわかりやすいかな。

おまけ

ディフューザー&レフ板

ストロボ、ディフューザー、レフ板(100円ショップの白い板)の低コスト1灯。

ディフューザーを付けたストロボ1灯とレフ板で撮影した写真
ディフューザーを付けたストロボ1灯とレフ板で撮影

レフ板には単純に影を薄くしてくれる効果があります。

アンブレラ&ディフューザーにレフ板と1灯追加

アンブレラとディフューザーの重ねがけに、レフ板とストロボ天井バウンス。

一番お金が掛かってるセッティングです。といっても、安物ばっかり使ってるのでそれほどでもないのですが。

天バンは画面全体に降り注ぐフィルインライトの役目を担ってくれます。

ディフェーザーとトランスルーアンブレラを付けたものと天バンの2灯、それとレフ板で撮影した写真
ディフェーザー+アンブレラのAと反対から天バンBの2灯にレフ板で撮影

ちょっと天バンのストロボ出力が強すぎたかな。反対にうっすら影ができているし、服の立体感が乏しいですね。

顔の影もかなり薄く、目立たなくなっています。

最後に

布型のディフェーザーを設置するスペースはなかなか確保しづらいので、アンブレラ&ディフューザーで拡散力を上げるのもありですね。

スポンサーリンク